Essay

One and only たった一人






私たちは「多数」に弱い。



になって掛かられると、弱い。






大勢の意見にされやすい。



皆が言うならば、それは正解となる。






そんな傾向は、個人だけでなく



社会全体にあるかも知れません。






確実に、やった方がいことでも



くの人が出来ていなければ




それはもう、



やれなくても仕方ないことになる。






例えば、くの人が



ある事柄について勘違いしていたとして…






それに気づいた少数派の声は



当然、大勢によってかき消されます。





これだけくの人がじならば





それを正解としておく方が



波風が立たず平和で、個人的立場も安全です。





どのみち今更、



全員の勘違いを一変させることは非現実的。





だから目を瞑ります。








しかし実は、想像するよりも



大勢勘違いしている事柄というのは、





膨大な数ではないでしょうか。







人は、勘違いの生き物です。






他人はあまりに不可解であり




人生は、紛らわしいもので溢れています。







そっくりで間違えやすい要素はたくさん。






好意と、好都合依存と、





親切と、エゴ自立と、孤立





はたまた、妄想現実…?





のことも自分のことも見え難い。





だから



正直者の言動を、世間はたく感じます。






率直な意見にトゲを感じ、




お世辞好感を覚えます。







依存心からの親切に感激し、



親切心からの言葉に失望します。






そんな私たちにとって大切なのは、




たった一人とのがりです。






人と自分の一対一の関係が健全で、



深い絆があること。





そのが、自分にとって大切であること。





そんなことが、実は



難しい世の中をきる上での、




強力な力となります。






自分の都合に人を当てはめる人間関係は、




代替えが効きます。









った時に連絡したい人。



つぶしの相手に、しさを埋める恋人。






ったらるけど、



代わりが出来れば、解決する人間関係。






そんな人は安易に人とを切ったり



音信不通になったりします。






の触れ合わない関係が、



何人えようと独りと同じです。






そのが大切である




という人間関係にわりは効きません。







一人とのがりが、



大勢されない自信になります。






たった一つ信念が、




真実から目を逸らさない勇気になります。






その人 固有のものを楽しみ、



自分ならではのものをめられていれば






紛らわしいことで溢れた雑踏の中で



一粒の真実を見つめることができます。





一人一人と丁寧に向き合うことが、



流されずに自分らしく生きるための




重要な心構えです。